『今回のシリーズでは、筋膜リリースの方法論だけではなく、関節の運動障害等(特に副次的運動)と適宜関連付けさせながら進めていきます。また、最近の専門文献によって提唱されている知見と合わせて知識のアップデートも行っていきます。さらに、関節機能障害の検出法(触診法)、ジョイントプレイの取り方も実践を交えて勉強していきます。』

終了しました

コメントを残す