ここをこのくらいの力で、こちらの方向に、このくらいの力で押して…?この方法は、男性、女性、子供、高齢者、妊婦、アスリート、急性期、慢性期?どのような状態でも同じ施術方法でよいのでしょうか?良いわけがありません。重要なことは、施術で何をどう変化させるのか?そのためには何のどのような状態を触知するのかが重要になってきます。通常のテクニックでもそうですが、頭蓋テクニックでは特に重要になってきます。触診能力とともに、詳しい解剖や組織学とこれらの特性を理解しなければなりません。今回の頭蓋セミナーでは、テクニックの方法だけではなく、解剖学や組織学、これらに基づく機能、触診、テクニックを総合的に紹介いたします。

終了しました

コメントを残す