様々な関節や筋肉の治療法、どのように使えばよいのか、臨床で見る疾患別にそのアプローチ方法を説明していきます。 ほとんどのケースでは、関節や筋のテクニックを症状のある部位に使用しても、その効果が得られることは少なく、逆に症状を悪化させてしまうこともあります。

それでは、どのように治療したらよいのでしょうか? 答えは、バイオメカニクスです。 症状がどのような障害から起こっているのか、そのメカニズムとバイオメカニクスを理解することで、筋や関節へのテクニックは効果的になります。逆にバイオメカニクスを理解することなく様々なテクニックを習得しても効果的な使用は出来ないでしょう。

それぞれのテクニックを基礎から説明して練習していきますので、手技療法を始めたい方でも安心です。

終了しました

コメントを残す