臨床で多くみられる痛みと筋緊張。
これらを改善するために何が必要なのか?どの技術を使用すれば効率が良いのか?それらのヒントは問診をはじめとする一般検査の所見から推察されます。
今回はそれを推察するうえでのヒントや検査法を中心に4 回でお話させて頂きます。
検査結果がそのまま施術の選択にまでつながる考え方を知ってもらえる第1 歩になると思います。

終了しました

コメントを残す